恋愛結婚で多いケース

スーツの男女

日々の挨拶が大切

とある統計では、結婚するきっかけとして4人に1人は社内恋愛を挙げ、一番多かったそうです。一般的に社内恋愛は少ないイメージが多いですが、実は多くの人々が体験しているわけです。では、どのようなアプローチで社内恋愛に発展したのでしょうか。実は普通の恋愛と同じように、印象が重要だと言われています。特に重要なのが挨拶です。毎日話しかけるきっかけともなる挨拶であるからこそ、そこで明るく挨拶するのとボソボソと挨拶するのとでは印象が違ってみえます。もちろん、前者の明るく挨拶する方が良いです。それでは、中々社内恋愛に発展することはありません。そのため、社内恋愛を目指すためには、日々の挨拶もアプローチとして考えて行動することが大切です。さらに、好意を寄せる相手への挨拶には、特別バージョンにして差別化すると良いでしょう。例えば、相手の目を見て挨拶する、名前を添えて挨拶する、といった具合です。たったそれだけでも相手側は深層心理に「自分に好意を寄せている」と体感するわけです。そうなったとき、次のアプローチへと発展させることができます。休憩中に日常会話をしたり、さらに休日や仕事後にプライベートのお誘いできるようになるわけです。このように、日々の挨拶からアプローチをすることができるため社内恋愛が成功しやすいと言われています。もしも婚活をしているのならば、まず手始めに社内恋愛から初めて見るのも良いかもしれません。